業者選びに役に立つ給湯器・ガス機器に関連した業者をご紹介します。

ガス機器事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

ガス給湯器を交換するタイミングと注意点は?

以前一度給湯器が故障して、ガス会社を呼んで修理してもらったことがありました。
その際に、今はまだ交換は必要ではないけれど、古くなったら交換が必要だと言われました。
最近給湯器から変な音がするようになって、前よりもすぐにお湯の温度が上がらなくなった気がしていて、もしかすると交換の時期が迫っているのか心配しています。
今は真夏ですが、前に給湯器が壊れたのは雪もちらつく真冬で、急にお湯が使えなくなって、冷たい水で食器を洗ったり、顔や手を洗うことを余儀なくされて大変な想いをしましたが、夏は汗をたくさんかくし、食器や顔や手は水で洗ってもいいとしても、さすがに水でシャワーを浴びるのは辛いと思うので、やはり早めに対策しておいていいかもしれないと思い質問させていただきます。
古くなったら交換ということでしたが、給湯器を交換するタイミングと、新しいガス給湯器を選ぶ際の注意点など、ためになることがあれば、できるだけ分かりやすく教えてください。


回答

今が給湯器を交換するタイミングかもしれません。


ご指摘の通りに、お湯はオールシーズン使えないととても不便です。
近頃では、24時間対応してもらえる修理業者もありますが、依頼先やお住いの地域によっては、すぐに対応してもらえないケースもあって、1日でもお湯が使えなくなったら大変です。
そのような事態を避けるためには、最適な時期にガス給湯器を交換しましょう。
給湯器の寿命は、一般的に10年前後と言われています。
何も症状がなければそのまま使い続けても問題ありませんが、急にお湯の温度がスムーズに上がらなくなったり、ぬるま湯のままだったり、お湯が熱くなったり冷たくなったり温度が定まらなくなった場合は、交換のタイミングかもしれません。
給湯器からいつもと違う異音がしていることも、給湯器交換のサインです。
何年使用しているか定かでありませんが、10年前後経っているなら、すぐに業者に診てもらうことをおすすめします。
給湯器には10号から28号くらいまでの号数があって、ご家族の人数や使用頻度によって最適なものがあります。
使うお湯の量が多い場合は、大きな号数が必要になり、家族や使用頻度が多いのに小さい号数のものを選ぶと、負担が大きくなり故障しやすくなりますので、その点に注意して新しい給湯器を選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク