業者選びに役に立つ給湯器・ガス機器に関連した業者をご紹介します。

ガス機器事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

給湯器の選び方を教えてください

私の家で使っている給湯器の調子があまり良くないため、そろそろ新しいものに取り替える時期が来ているのではないかと考えているのですが、そうなると次はどんな給湯器を設置するのか選ばなければいけません。
しかし、これまでに給湯器を購入した経験がないため、一体どのようにして選べばいいのかよく分からず困っているため、給湯器を選ぶ際のポイントについて分かりやすく教えてもらいたいです。

回答

機能や号数に注目する


給湯器は生活の中でさまざまな場面で利用するものであり、自分達のライフスタイルに適したものを選ばないときちんと機能してくれなくなるため、この点に注意をしながら選びましょう。
まず、給湯器といってもさまざまな種類があることを理解するべきであり、給湯だけができるシンプルなものから自動湯はりや追い焚きなどお風呂で便利に使える機能が搭載されているもの、さらには温水暖房の機能まで備わっているものまであります。
基本的に高機能なものほどより費用がかかってしまうため、機能については本当に自分達の暮らしの中で必要となるのかどうかをよく考えてみて、余計な機能がついているものは選ばないようにした方が良いでしょう。
また、自動湯はり機能のついている給湯器の中にもフルオートですべて任せてしまえるタイプから、湯はりや追い焚き、保温まではオートで行えるものまであるため、こちらについても本当に必要なものを見極めて選びましょう。
給湯器のサイズは号数で選べることになるのですが、号数とは1分間に出るお湯の量のことであり、この号数が大きくなればなるほど大量のお湯を一度に使うことができるようになるため、家族の人数や普段の生活の中でどのくらいお湯を使っているのかを考えてみて、最適な号数のものを選びましょう。
さらに、設置タイプについても決める必要があり、屋外に設置するものと屋内に設置するものが存在しており、それぞれ自宅がどのような構造となっているのかによって、適するものが違ってくるため、こちらについてもよく検討して選びましょう。
また、最新のものの中には省エネ性能にこだわっているものも出ており、こちらを利用するとエネルギーの消費量を抑えながら利用することができ、少ないエネルギーで効率よくお湯を生み出せるようになって、電気代を節約することもできるのです。
このようにさまざまな種類や機能の違いが存在しているため、それぞれの特徴をよく理解して、自分の家庭にどれを導入するのが一番良いのかをじっくりと考えてみれば、適切なものを選ぶことができるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク